無料ブログ作成サービス JUGEM
zoom A3の事:その1
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    zoom A3 前回購入したと書きました。A3です。一応いろいろやってみましたが、まだこれと言った音には到達してません。

    気が付いたことなどをツラツラと書きます。

     

     基本的な使い方としては、まず「リバーブ」ですね。
    ギターのボディをシュミレートするのは、微妙に良いかなという気はしますが、「良い音がすれば良い」という目的からはずれるので、ひとつの「音のバリエーション」的にとらえています。

    オフに出来るので、いろいろと試してみて特別な良さを感じなければ使わないかもですね。

    今のところ、二つだけ気に入ったギターがあります。「LG-2」と「NYLON」です。
    前者は芯のあるある歯切れ良い音が、後者は柔らかな音の欲しい時に有効かなと思います。どちらもギターソロを弾く時や、オブリガートでシングルラインを多用する時ですね。

     

     あとマーチンでは「OM-28」と「00-18」が気に入りました。考えてみると、小型のボディ・タイプが多いですね。この辺が好みが出たという事でしょうね。

     私はアコギはあまり詳しくなかったので、2本くらいしか所有したことがなく、特別に好みは意識したことが無かったのですが、今回いろいろと音源を探して聴いてみたら、やはり小型のボディの方が好みに合っている事が分かりました。

    それだけでも収穫だったかな・・。実際に今使っているエレアコ2本も友達からもらったもので、それなりに使いやすい音だと思っていましたが、やっぱりボディは小さいですね。

    ところで、実際に録音時に使う音作りをやってみたのですが、なかなか簡単にはこれと言った音にたどりつきません。結局以前からアコギ録音の時に気に入っていた、MTR内蔵のエフェクトを使いました。(^^)

     

    ちなみにそのエフェクトはzoomR8のインサートエフェクトで「Aco/Bass SIMアルゴリズム」の中の3番目「FineTune」というもので、説明には「デチューンにより音の深みを増したサウンド」とあります。アコギを録音する時にそのまま特にいじらず使ってます。

     

    参考曲:二人のために
    (ギターは3つ入ってます。ストロークとアルペジオがアコギ。)

    参考曲:過去への扉

    (こちらはストロークです。)(間奏の右は別のアコギでA3を通してます。左はストラト)

     

     まあ、好みにもよりますが、私はコードとアルペジオでは「FineTune」なるものが重宝してます。(^^)

    デチューンが何なのかも知らないのですが、軽いすっきりした感じになるのが好みで使ってましたが、そのデチューンなるものがA3にはエフェクターの1つとして入ってるんですね。

     

    まだうまく使えてないですが、良い感じの音は感じます。説明によると「わずかにピッチシフトさせたエフェクト音と原音をミックスさせることで、変調感の少ないコーラス効果〜〜」とあります。

     

    長くなったので、またそのうち書きたいと思います。

    数日中に新たな曲をアップしたいと思います。これも結局「FineTune」のお世話になりましたが、A3もそこそこ使いました。

     

     

     

     

     

     

    | Blues Teru | 宅録・ギターの話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ロニー・ジョンソン
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

       最近(ここ2年程)アコギを使う事が多くなりましたが、こんなジャズ・ギターの原点のような曲を聴くことも増えました。

       

      だいぶ以前にも1,920年代頃の録音を取り上げた事がありました。
      http://blues.rakki-do.main.jp/?eid=757095

       

      今回は、新しめの1960年の録音を聴いてます。とは言っても半世紀以上経ってますが・・

       


      ロニー・ジョンソンとエルマー・スノーデンのギター・デュオで、ウッドベースがサポートしてます。
      二人とも約60歳の頃で円熟の境地です。

      Vol.1(上)はその年にリリースされてますが、Vol.2(下)は30年以上経ってからリリースされました。

       

      当時はバラード・シンガー「ロニー・ジョンソン」の方が売りだったのか、Vol.1はロニーの歌が目立ちます。
      St Louis Blues


      Vol.2はエルマーのギターがたっぷり聴けます。上手い! 俺も62歳だ、頑張ろう!
      On The Sunny Side Of The Street

       

       

       

      youtube

       

      | Blues Teru | 大好きCD | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      過去への扉
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        前回、アコギのプリアンプを購入したのでいろいろとやってみたのですが、まだ気に入った音ができないでいます。

        普通に使えそうな音は作ってあるのですが、録音でMTRにつないだ音がイマイチです。

         

        次回にそのことは詳しく書きたいと思います。

         

        今日は久々に1曲アップしたのでそちらのお知らせですが、またも長引いて一か月半もかかってしまいました。

        まあA3をいじってたので、そちらに随分と時間を取られたわけですね。

         

        最初はアコギで仕上げたかったのですが、どうしても合う音にならず、335とストラトも使いました。

         

        過去への扉

        https://youtu.be/4vS6CcnAPjE

         

        よく散歩をしていると、懐かしさを覚える風景に出会ったりしますが、そんな時に覚える郷愁ですね。

         

        それにしても、アコギって使いやすい割に、いざ録音での「これ!」という音が決まらない・・・

         

        もっと研究しないといかんかな・・

         

         

        | Blues Teru | 宅録・ギターの話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        アコギとプリアンプ
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          去年の11月だったかな、「二人のために」を録音した頃からアコギを使う事が多くなってきました。

           

          一昨年に友人から2本の「ヤマハ」エレアコを貰ったのを機会に、およそ40年ぶりにアコギを弾きだしたのですが、最初はなかなか慣れなくて、時々思い出した程度に弾いていたのですが、やっと去年の後半あたりから弾き込めてきた感じです。

           

          それで、今録音している曲もアコギをメインで使用していて、いろいろと研究しながら考えているうちに、ライブもアコギをメインで使用する気持ちになってきました。

           

          重量も軽くて、歳をとってきたら少しでも楽な方が良いなと・・・(^^)

           

          それで、もう少し音を追及したくなり、ギターは高くて手が出ないのでエフェクター的なもので音を補助しようと思い、zoomのA3という多機能なツールをゲットした次第です。

           

          プリアンプ機能に40種ほどもエフェクターがあり、あとボディの鳴りをシュミレートするみたいな機能もあり、多機能過ぎて扱いが難しい気もしますが、何とかイメージ通りの音を作りましょう。

           

          下調べした印象では、イコライザーとリバーブが重要な感じです。

           

          後日使用感をレポートしましょう。

           

           

           

           

           

           

          | Blues Teru | 宅録・ギターの話 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          プロフェッサー・ロングヘアー
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            ニューオリンズのピアニスト、「プロフェッサー・ロングヘアー」の1974年録音「Rock 'N' Roll Gumbo」を聴いてます。
            多くのミュージシャンにリスペクトされるニューオリンズのスーパー・ピアニスト。
            ギターはゲイトマウス・ブラウンが弾いてます。
            Tipitina

            Mean Ol' World
             

             

             

            ニューオリンズついでに、スーパー・ギタリスト「スヌークス・イーグリン 」も聴いてます。 Black Top での4枚目「Soul's Edge(1995年)」。
            「人間ジュークボックス」と呼ばれた人で、盲目でありながら2000曲ものレパートリーを持つらしい・・・、凄い!


            Snooks Eaglin - Josephine

             

             

             

            | Blues Teru | 大好きCD | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            メル・ブラウン
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              ファンキーなギターにこだわった人で、1968年〜70年頃のT・ボーン・ウォーカー、ジョン・リー・フッカーのアルバムなどにも参加してます。ソロ・アルバムも数枚あり、ジャンル的には「ソウル・ジャズ」ですね。
              今日は1969年の「Blues for we」を聴いてます。

               



              Blues for we

              後年はハーピストのスヌーキー・プライヤーと一緒にやってましたね。
              年季の入ったオヤジのブルースが良いです。


              Let Your Hair Down, Woman
               

              | Blues Teru | 大好きCD | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ハッダ・ブルックス
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                かなり前になりますが、古いジャズ系のギタリスト「TEDDY BUNN」を取り上げた時に触れた「Hadda Brooks」です。

                 

                時々聴きたくなる時代の「歌手・ピアニスト」です。

                やっぱりジャズ歌手なのかな? 

                映画にも出演したりしています。

                声がハスキーで良いですね。ピアノもかなり上手いです。

                ブギウギも素晴らしいものがあります。

                 

                アルバム「Romance in the Dark」を聴いてます。

                 


                1945年頃の録音。名手「TEDDY BUNN」のギターも良い感じです。

                 

                Hadda Brooks - That's My Desire

                ブギ・ウギのピアノも上手い!
                SWINGIN' THE BOOGIE by Hadda Brooks

                 

                 

                 

                | Blues Teru | 大好きCD | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                たぶんこのまま (一人の世界)
                0

                   Youtube の設定(私個人の)に問題があるのか、ちょっとおかしいところがあるので再度アップ。

                   

                   ツイッター、フェイスブック、Youtubeともに、たいして知らないままやってるから、いろいろわからない事が出てくる。

                  説明があっても分かりにくい所が多いしな〜 (^^)

                   

                  というわけで、「たぶんこのまま 」です。

                  たぶんこのまま

                   

                  一応、リストにも追加しました。

                  Songs 2

                   

                  | Blues Teru | 宅録・ギターの話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |