無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
使用ギター・エレアコについて 5
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    今回はルーム・リバーブとホール・リバーブを比べてみました。
    あくまでもライブ用という事で、録音時に使っているMTRでは一切エフェクトは使っていません。

    曲はマイナー・ブルースをやってみました。ギター・ソロにリバーブをかけています。

    (ファイルの関係で少し音が切れる所があります)

     

    ルーム・リバーブ

    前回と同じくこれくらいが自然ですかね。けっこう好みの音に近いかな・・

    ちょっと物足りない感じも、実際に生でやるとこれくらいが適当な事が多いですしね。

     

    ホール・リバーブ

    ホール・リバーブは一応セットしておきますが、実際は使わないと思います。

    (曲によっては合う感じかも知れませんからね。)

     

    ホール・リバーブが合いそうな感じはこんな曲ですかね。

    蒼い月影 過去への扉

     

    あと、今回はイコライザーをかけて、弦が擦れて出る「キュッ、キュッ」という音(擦過音)をなるべく目立たないようにしようと試してみました。

    だいたい2kHから2.5kHあたりをピンポイント的に10dBほど減衰させました。
    これはA3にツマミで付いてるトーンコントロールとは別に、内蔵エフェクターからセレクトして追加しました。

     

    何だかんだでいろいろと試せるA3は正解だったようです。そのうち取り付ける予定のマグネチック・ピックアップの時も効果的でしょうね。

     

    今度はまた違ったタイプの曲で録ってみたいと思います。

     

     

     

    | Blues Teru | 宅録・ギターの話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blues.rakki-do.main.jp/trackback/757236