無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
使用ギター・エレアコについて
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    A3の事が先になっていましたが、使っているギターの事も書かないとよく分かりませんね。今回はそのあたりを書きます。


    私が使用しているアコギ(エレアコ)は3年程前に友人からいただいたもので、ヤマハのAPX-8CSとAPX-6SAというモデルです。

    ヤマハ・エレアコ
    どちらもストラトのようなヘッドでなかなか面白いルックスです。

    良いアコギの音というものがどういうものかは置いておき、好みだけで言わせていただくと、けっこう好きな音で気に入ってます。

    価格的には6万〜8万円クラスで、それなりに良い値段ですよね。

    2本とも「ピエゾ・タイプ」のピックアップが付いています。アンダーサドルタイプと言うみたいです。(エレキで言うブリッジですね)
    あとプリアンプも付いてます。3バンドのイコライザーも付いてますね。
    おそらく、これが普通のエレアコですね。

     

    元々アコギを録音で使ったことが無いのに、頻繁に使うようになったのは「二人のために」でコードのストロークとアルペジオに使ったのが最初です。

    安い方の「APX-6SA」を使ってます。

    それ以前では、一年程前に「二時間遅れて」のバッキングでストロークとアルペジオを適当に弾いてるくらいです。

     

    この時はまだ「finetune」を見つける前で、ツインリバーブのシュミレーションで録音してます。スローなのでアコギの方が音の広がりがあり楽だったので使いました。ちょっと雑ですね。

    「finetune」については、先月のこちらの記事を見てください。

     

    高い方の「APX-8CS」はピックアップかプリアンプが故障で使えませんでした。

    こちらは先月「ARTEC A1-OSJ と言う安価な「ピエゾ・タイプ・ピックアップ」を付けましたので、次回に書きたいと思います。

    蒼い月影 ( 祈り ) 」での間奏ソロではこちらを使ってます。


     

    | Blues Teru | 宅録・ギターの話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blues.rakki-do.main.jp/trackback/757232